重要な話:両方を見て判断する

ゴール達成

福原です、

最後に最高に重要な話をします

なんと今年最後の日ですよ!
早いですね。

さて、今回は、

・両方を見て判断する

という話をしています。

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

年末っぽく締(し)めの話をしようとも思ったのですが、このタイミングだからこそ、最重要の話をしておこう、と思いました。

とても重要な話をしています。
聞いておいてください。

文字でも説明します。
たまにはyoutubeの方も見ておいてくださいね笑

疑うことを始めよう

今回言いたいことは1つだけです。

自分を疑ってください、です。

いまやっていることを疑いましょう。

「本当にやりたいことなのか?」
「本当にやっていいことなのか?」
「誰かから押し付けられていないか?」

と。

私たちはやりたいことをやるために生まれてきたはずです。

しかし実際には、やりたくないな、イヤだな、と思いながら生活していないでしょうか。

もしそうなら「これは本当にやりたいことなのか?」という問いかけが不足しているのだと考えています。

あなたは欲しくなる…

私たちの周囲には情報があふれています。

「新発売!」
「これを使えば簡単に〇〇!」
「~~さんもこれを使ってモテモテ!」
「恐怖の〇〇が迫ってきた!」
「~~を使わないやつは負け組!」

と、あなたの心を揺さぶるものがたくさんあるはずです。

実際に購入したり、使ったりもしているでしょう。

そしてしばらくしてから気がつくわけです。

「あ、、これ、必要なかったわ…」と。

それが数千円程度の買い物なら良いですが、数年間行ったあとで気がついても、取り返せない時間に悔やむことになります。

コーヒーは体にいいのか?

時間を無駄にしないためにも、あなたにぜひやってほしいことがあります。

・いま行っていることを疑う

です。

日々の生活の中で行っている行動の1つを取り出して「これはやる意味があるのか?」と問いかけてみてください。

また、いま信じていることに対して「本当にそうなのか?」と問いかけてみてください。

例えば、朝起きてスマホを手にとってツイッターのアプリを起動しているなら「やる意味有るのかな?」と質問してみましょう。

意味があるならよいです。
意味はないなと思ったら、辞める選択肢も考えてみましょう。

また「コーヒーは体にいい」と思っているなら「本当かな?」とあえて”コーヒー 体に悪い”などと検索してみてください。

他にも「睡眠時間は長いほうがいい」「お風呂は入ったほうがいい」「親の言うことは聞くものだ/聞かないものだ」「先生は偉い」「病院は病気を治す」など「まぁそうなんじゃないですか?」と思っていることも「本当かな?」と逆のそうじゃない情報を集めてみてください。

両方から情報を集めよう

物を判断する時には、肯定側と否定側、両方の情報を集めてから判断してください。

多くの場合、テレビなどのメディアや周囲の人が言う「これがいいよ!」をそのまま信じています。

しかし、それがいいかどうかはあなたが判断することです。
今日食べるお菓子はおすすめでもいいかもしれませんが、これから行う仕事や、人間関係、健康に関することは、なんでもいい、では済まされません。

ちゃんとメリット、デメリットの情報を集めて判断する必要があります。

もちろん、調べすぎて動けなくなっているなら、リスクの少ない範囲で行動したほうがいいこともあります。

それでも情報を幅広く集めておいた方が、成功確率は上がります。

みんながやってるからやる、でいいのか?

今やっていることを疑う。
今信じていることの逆を見に行く。

という、単純な話に聞こえるかもしれません。

しかしこの話はあなたの人生を左右するくらいにとんでもない力を秘めています。

私が思うに、日本人のほとんどの人は、自分で調べて判断する、という行為を行っていません。

「みんながやっているから」という理由で動く人がほとんどです。

その判断基準を使いながら、自分らしい生活、とか、自分の望む人生、を歩むのは不可能です。

悔やんだらそれはラッキー!

望む人生を送りたいのであれば、やりたいことを決めて、できる方法を探して、やると決断して、行動する必要があります。

しかし、決めないし、探さないし、決断せずいまと同じことを続けて、新しいことをしていません。

その理由は「まぁいまのままでもいいんじゃない?」「みんなと同じ方が安心できるでしょ」という信念にあると考えています。

いまより豊かな、幸せな、楽しい、やりたい人生になりたいのであれば、「いまと同じでいいのかな?」と疑い始めるところがスタートです。

しかし、急に人生レベルで疑え、と言われてもピンとこないでしょうから、小さなところから始めてみてください。

「このスマホのアプリは毎日使うものかな」
「このテレビ番組は毎週見てていいのかな」
「この人のいうことをそのまま聞いていていいのかな」

など、疑い始めることをお勧めします。

「なんて無駄なことをしていたんだろう…」
「なんでこの人の言うことを信じていたんだろうか…」

と思えればラッキー!です。

あなたの人生を変えるきっかけになってくれます。

信じていることを疑ってみましょう。
やっていることを疑ってみましょう。

その先に、あなたのやりたいことが見えてきます。

情報収集を学ぼう

毎日見ている情報や、いまのあなたの信念を疑い、必要な情報を集めてゴールを達成する方法については、福原気功教室の情報収集コンテンツでお話しています。確認してみてください。

福原宏志^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました