行動できない人に贈る、すごい結果の出るちょっとしたコツ

ゴール達成

福原です、

今日はなんもやってないな…

「なんか、今日、何もやってないな?」
「でも、やる気がでないんだよな」

と思うことってありますか?

私もそういうときがあります。

「もっと頑張らないとなぁ」と考えたりもします。

でも、頑張ろう、と思っても急に行動できるわけでもないですよね。

そんな行動が止まっているときに『ちょっとしたコツ』で行動できるようになる、という話があるのですが、興味があるでしょうか?

行動力が上がる魔法の言葉

どうすれば行動できるようになるか、というと、

  • 「失敗しよう」と思う

です。

「え、成功しよう、じゃなくて、失敗しよう、ですか?」

はい、そうです。

実は『失敗した方がいい』という考えを受け入れてみてください。

少し考えてみてもらいたいのですが、なぜ行動ができないのでしょうか?

それは、

  • うまくいく方法を知らないから

です。知ってたらそれをやれば終わりですよね。

「あ、なるほど。では、できる方法を調べればいいですね」

それはそうなのですが、実際にできる方法を知るためには、トライアンドエラーが必要になります。

トライ=チャレンジしてみて、エラー=失敗する。これを繰り返すわけです。

失敗することをたくさんやるのか、と想像すると、それだけでやる気を失いますね。

失敗することは良いことだ

なので、ここでちゃんと『現実』を見ておきましょう。

現実の世界では、

  • 失敗すれば成長できる

のです。

そもそも論ですが、失敗しない、はできません。

やり方をよく知らない人がやれば、必ず失敗します。

ギターの練習をし始めた人は、必ずおかしな音を鳴らします。必ず、です。100%変な音が鳴ります。

失敗していますよね。でも、、、当たり前のことですよね。

その失敗を繰り返すことで、ちゃんとうまくなっていきます。

失敗をすると、成長できるわけです。そして『できる自分』になります。

落ち込みから抜け出す一言のつぶやき

でも、失敗続きだと凹みますね。

なので、失敗したら、一言つぶやいてください。

  • 「成長した」

これでまたうまくなった、今日もまた学べた、失敗して一つレベルが上った…言葉の種類はなんでもいいのですが、失敗したら成長した、と思いましょう。

私たちは勝手に『失敗=いけないこと』と勘違いをしています。現実的に見ると『失敗=成長』です。この失敗は良いことなんだよ、という気づき、をまずは頭の中で理解しておいてください。

成功した人のマネをしよう

冷静な目で見ると、成功者と呼ばれている人たちは、例外なく大量の失敗をしています。

自伝なんかを読むとわかりますね。「あの頃は若かった…」とかいいながら失敗エピソードが続出しています。

彼ら成功者の真似をしましょう。

失敗は成長です。

あなたは今日は何を失敗しますか?小さな失敗から始めましょう。

福原気功教室はこちらからご参加いただけます。https://fukukikou.com/monthly/

福原宏志^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました