モテるためのゴール設定、気功の実践例

ゴール達成

福原です、

モテるために未来を楽しみにしよう

福原気功教室に参加の方から感想をいただいています。紹介しつつ、モテの話でもしていきましょうか!


昨日、街コンに行ってきました笑。

カップル成立ならずでしたが、隣にいた男性が韓国語を喋れる特技を持っており、女性の方から「へー、凄いですねー」と言われてて、「女性から凄いと言われるポイント韓国語…」とメモを取ることをしたりしました笑。

以前は、ひねくれて嫉妬してばかりでしたが、正直に他人の凄い部分を見れていることが出来ています

ありがとうございました。

最近、気のせいか近いうち良い出会いが起こりそうな気がしております笑


感想はここまでです。

変わりたいときに気をつけること

「変わりたい」と思っている人は多いと思います。あなたも今の自分ではない、もっとすごい人、になりたいのだと思います。

その時に、冷静に考えて理解しておかないといけないことがあります。

すごい人になるためには、いまのあなたを捨てる必要がある、ということです。

例えば、あなたが毎日スマホでゲームをしているとしましょう。1日に4時間は必ずやっていて、周囲の誰よりも上手だとします。

しかしあるときに、このままではいけない。もっと〇〇したい!と思ったとします。〇〇の中身は、稼ぐでもモテるでも筋肉を増やすでも社会貢献をするでも、あなたが思ったなら何でも良いです。

その時に4時間のゲームをやる時間はどうなるでしょうか。おそらく減ると思います。『ゲームをたくさんやっている自分』を捨てて『ゲームをやらない自分』に変化する必要がありますね。

「えー、ゲームを辞めないといけないんですか?」と残念に思うかもしれません。でも、今とは違う自分になるためだ、と考えれば、普通のことですよね。いまやっていることを捨てて、別のことに置き換える必要があります。

変わるのは難しいけど、実は簡単

まずはこのことを普通のことと捉えておいてください。

頭で理解するのは簡単かもしれませんが、実際にこれをやろうとするとすごく難しいです。

簡単な例で言えば、お菓子をバリバリ食べている人、が、食べない人、になるのは難しいですよね。あなたにも似たような経験があるかもしれません。

しかし、これを簡単にする方法があります。

辞めるのではなく、別のことをやる、のです。

ゲームをやめよう、お菓子をやめよう、と思っても、実際にはできないです。経験上分かりますよね?

しかしこれを「あの子にモテたいから、まともな人になろう」「そのためにはゲームばかりやっていたらダメだな」と思えると、案外ラクに辞められます。

これがゴール設定と呼ばれるものの感覚です。

あんなに辞めよう辞めよう、やってはいけない、と思って失敗していたことが、「これやりたい!」ということを見つけたら、しばらくして気がついた時には辞めていたりします。

問題を感じる時には、その問題を見すぎないことです。そうではなく、それは解決したことにして「で、どうなったら最高にうれしいのかな?」を考えてみてください。

という話を頭に入れつつ、感想を振り返りましょう。

未来が楽しみになる仕掛けを入れています


昨日、街コンに行ってきました笑。

最近、気のせいか近いうち良い出会いが起こりそうな気がしております笑


未来のゴール設定ができているのがわかりますか。

まぁ細かく言うと、モテたい、というのがゴールと呼べるのか微妙ですが、猛烈な欲求なのは間違いないですよね。

未来に良い出会いが起こりそう、は、4月の遠隔気功で、その仕組みを働きかけたからかな?とやっている私は勝手に思っています笑

未来が楽しみなのはいいことですね。ぶっちゃけ、未来が楽しみ、と思えているときが、人生で一番楽しいときです。遠足の前の日、とか、クリスマスイブの夜、といえば感覚が分かりますかね。眠れないほど楽しみなのです。

なので、頭の中にちゃんと楽しいイメージを作って入れておいてください。この作業をサボっていたら、何をやっても効果が出にくいですし、何より楽しくないです。

楽しくない人のそばには、誰も寄ってきませんよね。あなたがそういう人になってしまわないために、脳内に未来の楽しいイメージがあるのか?を確認しておいてください。とても大事な作業だと考えています。

ゴールを設定できると未来が変わる


カップル成立ならずでしたが、隣にいた男性が韓国語を喋れる特技を持っており、女性の方から「へー、凄いですねー」と言われてて、「女性から凄いと言われるポイント韓国語…」とメモを取ることをしたりしました笑。

以前は、ひねくれて嫉妬してばかりでしたが、正直に他人の凄い部分を見れていることが出来ています


ゴールを設定して、未来を楽しみにする前の状況ですね。

他人に嫉妬する、と。自分のことをなにかやるのではなく、相手を自分の脳内で引きずり下ろすことをしていますね。脳内では相手が自分のレベルまで降りてくるので安心するのです。しかし自分は成長せず、相手も実際には変わらない、むしろもっと良くなっていく可能性すらあります。嫉妬すればするほど差が開いていきます。

これが問題を見すぎている状態ですね。目の前にあるのは「私はダメだ」という思いなのだと思います。それを見すぎて気持ちを落として、耐えられなくて、相手も落としてしまえ、と意味のない攻撃を始めてしまいます。

しかし(気功に出会ってから、と思いますが)未来のゴールを設定してからは、ちゃんと解決策が見えるようになっています。

韓国語を学んだらモテるかもしれない!と。

これは、モテたい、という理想を掲げていることで、その方法がちゃんと見えてきているということです。解決策を自分で見つけるように、脳が働いているのです。

適切な質問をして脳を活性化させよう

私たちの脳は優秀なので、ちゃんとした理想と質問を投げかければ、まともな答えが返ってきます。

「女性にモテている自分なはずなのですが、そうなっていないです。どうしたらそうなれますか?」と。

実際になっている自分が当たり前、の状態から質問を始めることです。

「モテないんですけど、どうしたらいいですか?」ではダメってことです。モテないって自分のことを決めつけてしまっていますね。

モテている、はずなのに、おかしいな?と思うことです。

モテじゃなくても全部同じです。

「肌はツルツルすべすべ白く透き通ってて静脈が透けてみる、、はずなのに、なんでこんなにボロボロなんだ!?」

と思ったときに、なんとかしないと!と思い始めるのです。

「もう年だからしょうがない」なんて言っている場合ではありません。高く理想を掲げましょう。

胸をふわふわにしたい?

福原気功教室では、未来を楽しみにする仕掛けを遠隔気功で働きかけていきます。

こんなことが起きたら良いな、とイメージしながら待っていてください。

また、5月のテーマとして、自信&呼吸&バストアップを掲げ、胸の辺りを中心に働きかけを行なっていきます。

単純に、胸を大きくしたい!ふわふわにしたい!という願いを持ちながら参加してもらって大丈夫です!

福原気功教室はこちらからご参加いただけます。

福原宏志^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました