筋肉の痛みをどのように取っていくのか?を気功抜きに語ってみます

免疫力

福原です、

激プッシュされているアレの怪しさ語りました

福原気功教室の会員コンテンツに

  • お薬の話

を追加しています。

現在の世の中で注目されているあの💉話やクスリの話をいろいろな角度から語っています。

おすすめの情報、商品も紹介していますので、確認しておいてください。必要な方は早めに入手しておくと良いかと思います。

現時点では最も大事な話をしています。会員でない方はこの機会に参加しておいてください。

今から参加されても、初めて気功を使う方向けのビデオや、公開されている気功技術の伝授をして、あなたも気功を活用していただけるようにしていきますのでご安心ください。

福原気功教室はこちらからご参加いただけます。

筋肉が痛い時どうすればいいのか?

さて、福原気功教室に参加されている方から、


月曜日あたりから徐々に右脇腹から右背中
あたりが、日に日に痛みがでるようになって
寝ていて、起き上がる時や逆に寝ようとする
時にピリッと痛みが走るようになった


という相談を受けました。

遠隔気功でも働きかけていくのですが、ご自身でもできることがありますので、その返信をここでシェアいたします。

気功師としての私は当然気功的アプローチをしていくのですが、気功が使えない、まだ学びはじめのあなたにも役立つように、気功抜きの筋肉の痛みの回復方法を話していきます。

あなたも筋肉が痛い、身体がピリッとする場合は参考にしてみてください。

では、私の返信です。

痛みの物質を流す

筋肉の痛みの原因ですが、
その部分に痛みを感じる物質があるから、です。

なぜその物質があるかというと
筋肉がよく使われる場所なので、
その部分を回復させるために
血流が必要になります。

血の中に入っている水分、栄養素、細菌を倒す白血球…
などを送り込んで回復させようとします。

そのときに、痛みをわざと発生させて
そこに血を集めようとするのです。

なので痛いのは、血流が必要だからです。

血流を促進しよう

アプローチとしては、血を流すことが重要になります。
流すことで筋肉の回復につながります。

ということは、血が流れるようにすればよいです。

具体的には、まずはとにかく脱力です。

痛みを感じるときにどうしても力を入れてしまいがちです。
また、動かさないほうがいいと思って
安静にすることもありますね。

実は、血流は、脱力と動きが大事です。
力を抜きつつ、身体を動かすことで
血流が良くなります。

なので、力は抜きつつ、作業以外でも
その部分が動くような動きをしてみてください。

痛みがあってもできる範囲で動かす

効果的だと思われるのは、揺らすことです。
上下に揺れるのもの良いですし、
左右に体をねじるのも良いですね。
このときには力は極力入れずに
全身がゴムのようなゼリーのような
だるっとした感じで行ってください。

立っているのが面倒なら
横になってもぞもぞしてください。

芋虫のような、ミミズのような、
変な動きを無理のない範囲で行いましょう。
これも脱力をすることです。

肩腰だけでなく、首から手から足から
全部脱力した上で、もぞもぞに必要な
力だけを入れてください。

疲れたら休みましょう。

お風呂で温めて冷やしましょう

それとお風呂は入りましょう。
熱めのお湯でいいです。
可能であれば、温めた後に一回水をかけて冷やしてください。

これにより血の流れができます。

温めた時には表面に来ます。それで肌が赤くなります。
水を掛けると一瞬内側に移動します。
また温めて肌表面に血を移動させます。

これをやることで体内の血が移動しやすくなり
筋肉の回復にもつながってきます。

いまは寒いのでやりたくなければやらなくてよいです。
できる範囲でやってみてください。

まとめですが、

まずはリラックス
脱力をしながら痛みのある場所を動かす
これにより血流を動かすのを意識してみてください。

あとはお風呂で温める。
余裕があれば一回か二回か冷やす、です。

自分の体は自分でメンテナンスする

遠隔気功でも働きかけますが
ご自身でもいつも回復できるように
上のことを日々行ってみてください。

自分の体は自分でメンテナンスできるようになると
かなりラクになると思います。

体を治すための知識の習得と練習をしてみてください。

では、夜の遠隔気功をお楽しみに!

血流を促す気功技術

返信は以上となります。

自分の体を自分でメンテナンスしてみてください。

私のオススメは気功技術を自分で使うことです。気功技術を持っている人はなんでもいいので、不調を感じる部分に流してみてください。

無い方も大丈夫です。あなたが使えるようにしていきます。

2月は免疫力アップをテーマに遠隔気功を行っています。筋肉の痛みだけでなく体の不調を感じる場合は活用してみてください。

筋肉への血流を促す、リラックスさせる気功技術も使っていきます。気功を受けながらゆったりとお休みください。

福原気功教室はこちらからご参加いただけます。

福原宏志^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました