負けてもあきらめないパチンコ戦士たちの強さの秘密

ゴール達成

福原です、

朝から並ぶのが成功?

前回は、

  • 朝からパチンコに並ぶ人はすでに成功している

をお話しました。

今回も、あなたがどのようにすればやりたいことができるのか、をお話していきます。

少し復習しながら進めていきましょう。

臨場感が高い方に移動しようとする

私たちは、臨場感が高い方に移動しようとします。

臨場感とは自分にとって当たり前のことです。

なぜ年末になると実家に帰ろうとするのでしょうか。

頭の中で『年末に実家に居る自分の姿』を想像して、それが当たり前だ、と思っているからです。

実家でこたつに入ってみかんを食べながら紅白歌合戦を見る。

その周囲には家族が居て、寝てても年越しそばが出てくる。

そんなイメージが頭の中に入って、そうしているのが当たり前、と思っているから、実家に帰るのです。

この時、他の場所にいることは難しくなります。

年末の寒い時にわざわざ移動しなくても、自分の部屋に居ればいいですよね。それで生活に困るわけでもありません。

でも、実家の臨場感が高いと、年末に近づくにつれて行動を始めます。休みの申請を出したり、移動のチケットを予約したり、カバンに荷物を詰めたりします。

そして12月31日に間に合うように実家へ移動するのです。

これだけの行動力が生み出されるのは、脳内の臨場感が高く「私はそうしていて当たり前」と確信しているからです。

私たちは臨場感が高いものに従って行動するのです。

臨場感は環境から作られる

ここから導き出される結論は簡単です。

脳内の臨場感の高いものを、あなたが望む状況にしてしまえばいいのです。

あなたが小説家になりたいなら、小説家として活動している自分の臨場感を高めればいいです。

映画監督なら映画監督の臨場感を、モテたいならモテている自分の臨場感を上げるのです。

それだけで居てもたってもいられなくなり、小説を書き始めたり、モテるための行動を始めるのです。

パチンコに並ぶほど好きな理由

では、パチンコのために行列に並ぶ人は、なぜ行列に並ぶほどの行動力を手に入れたのでしょうか。

朝の10時、写真は雨模様です。傘をさして並んでいるのが分かるでしょうか。

普通に考えると「雨が降ってるのに、朝から並ぶなんてなにやってるんだか」と思われるでしょう。

周囲の人からそう思われていても、彼らは居てもたってもいられずにパチンコ屋に向かうべく行列に並ぶのです。

理由は簡単。「パチンコで勝つ!」という臨場感を高めてきたからです。

彼らの周りにはパチンコ好きが居たでしょう。

最初は誰かに連れて行ってもらったかもしれません。

相手もパチンコが好きでしょうから、話す内容もパチンコのことが多くなりますね。

相手の勝ってうれしい話も聞いたでしょう。勝った時の話はみんなうれしそうに話しますよね。それで頭の中に「勝ったらうれしい」というイメージが埋め込まれていきます。

自分もパチンコに行くようになり、知識も増えてくると、自然とパチンコについて話しかけられるようになります。

もちろん勝ちたいでしょうから、攻略法や新台情報もチェックし始めますね。雑誌やスマホで日々情報収集をするでしょう。

そこに出る情報もまた「勝ってうれしい」です。わざわざ負けて悲惨な状況を流し続けるメディアはありませんよね。テレビでもビデオでも雑誌でも「勝った!うれしい!」「こうやったら勝てる!」という情報ばかりを流します。

さらに強く「勝ったらうれしい」というイメージが作り上げられていきます。

もちろんパチンコ屋さんに足を運び、実際に打ってみて体感もするでしょう。

たまに勝ちます。その日のトータルで負けたとしても、打っている間に何度も当たります。何度も「当たった!うれしい!」を繰り返して「うれしい!」のイメージが強化されていきます。

そして1つの結論にたどり着きます。

「勝てるから行こう!」と。

朝から並んだほうが勝つ確率が上がる、という情報も持っているのでしょう。

そして、朝からパチンコ屋さんへと足を運ぶのです。

脳内の臨場感が「私はパチンコで勝っている」だからです。

パチンコ臨場感の上げ方

これらの体験が、臨場感を上げることにつながっているのが分かるでしょうか?

  • やっている人に出会う
  • やっている人と話をする
  • 情報を集める
  • 成功イメージを繰り返す
  • 実際にやってみる
  • 小さく成功して喜ぶ
  • 日々行動を続ける

これらの経験が、あなたの脳内の臨場感を「パチンコで勝っている」にするのです。

そして勝つために戦場へと足を運びます。

そして凄いことに(恐ろしいことに?)「勝つ」イメージしか無いので、負けてもまた戦いに参加するのです。

強烈な臨場感は人を動かすのです。

成功する人になるために

成功したければ望む状況の臨場感を高めることです。

居る人たちのところにいくことです。

…という話を次回はしていきます。楽しみにしていてください。

臨場感をアップする方法

臨場感を上げてあなたのゴールを当たり前のものにして、望む状態を達成する手助けは、私の提供している福原気功教室で可能です。

2月は『免疫力アップ』をテーマにして心身ともにエネルギッシュになり行動できるあなたになるよう働きかけていきます。

達成したい夢があるけどいまいち行動できていない場合は、参加してみてください。

福原気功教室はこちらからご参加いただけます。

福原宏志^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました