気功感想-何だか胸がいっぱいになり涙が出ました

ゴール達成

福原です、

福原気功教室 に参加の方から感想をいただきましたので紹介します。

  • ゴール設定ってこうやるんです
  • 自分の本当の気持ちに気がつこう
  • セルフトークのコツ
  • やりたいことはやってもいい
  • ネガティブな人との付き合い方

という話をしています!

つねに『できている自分』で生きる

福原様

気功 ありがとうございました。
少しずつ書いて先週のまとめな感じになってしまいますが🙇
感想をお送りいたします。

はい、ありがとうございます!
書きたい時に書きましょう^^

前に福原さんから
『病気は、治ったことにしましょう。
生活も安定したことにしておきましょう。
その上で、何をしたいのか、です。』
とアドバイスいただいて、
体調悪かったり不安なことがあったり…
と、今月のテーマ『楽しい』が
考えられないなぁと思っていたところだったので、
「治ったことにして、で考えていいんだ」
と衝撃でした。

はい!
頭の中のイメージは、つねに、できている自分、です。

頭の中はできている、のに、いまできていない。
さて、困ったぞ、どうしようかな、と思っていてください。

それがゴール設定ですね。
ゴールを設定するところからスタートです。

どうしても現状のほうがリアリティが高いので
目の前の悩みの方を考えがちになります。

それを一回頭を冷やして、考えを置いといて、
理想の方に持っていく時間を作ってみてください。

寝ながらでも、お風呂の中でも、
移動中の電車の中でも、
タイミングを決めて、理想を考える時間!と決めて、
習慣で考えるのが良いと思います。

そうしないと、未来の良いことを
考えることをしないでしょうからね。

習慣にすると勝手にやるので、
脳内によい未来のイメージを
維持し続けられるメリットもあります。

本心は大事にしましょうね

そして、気功を受けながら
「身体の調子が良くなっているし、不安な事も解決した私は
、何がしたい?」
と自分に問いかけたら…
やりたいことや何かゴールが見えてくるかな、と
思っていたのですが…
出てきた答えは、「自分に優しくして欲しい」
「自分を諦めないで」でした

はい、いいですね。
自分の素直な気持ちに気がつけたと思います。

優しくして欲しい、って本心ですよね。
その気持は大事にしてください。

期待した答えでないし、えっ、と思ったけれど、
次の日からそれを意識して過ごしてみました。

すると、日々、あんなところがダメだ、
ここもダメ、ダメダメダメ…とことあるごとに
自分に言っていることに気づいて
(事実だからしょうがない…とは思うのですが)
そのあまりの多さに愕然としました。

自分に甘いから、ダメなんだと思っていたけれど、
ひどい言葉をかけてるのも原因だったんだと気づきました。

いいですね。大きな気付きだと思います。
私たちは気が付かないうちに自分のことを傷つけています。

セルフトーク、といいますが、
自分でしている会話や自分に対する問いかけがあります。

これを一説によると1日に数万回おこなっているそうです。

これの多くが自分を傷つける言葉だとすると、
そりゃぁ落ち込んだりしますよね。

セルフトークは自分でコントロールできます。

自分をほめる言葉を使ってみましょう。
気持ちが変わるのが分かると思います。

未来の自分から振り返ってみる

そこでひどい言葉を言ってしまったら、ごめん、と謝ったり、
小さくても何か出来ているとき、がんばろうとしているとき
何か一言、やる気の出る言葉をかけてみました。

そしてあるとき、鏡に映った自分を…じーっと見て、
急に「今までよくがんばったね」
と言葉が出てきて、びっくりしました。

一体何をがんばってきたのかは良くわかりませんが(;
(臆病で出来ていないことがほとんどなので…)
何だか胸がいっぱいになり涙が出ました。

はい、本当は欲しかった言葉ですよね。
でもなかなか人からもらえない言葉でもあります。

なので、自分で使っていきましょう。
自分で自分に語りかけるのに違和感を感じる場合は、
未来の自分が、今の自分に語っている、と
思うのもありです。

ゴールが達成された未来の自分、からみると、
いまの自分でも十分にがんばっているはずです。

慣れないことに苦労しながらマスターしようとしていたり、
本当はやりたくないことに耐えていたり。

その苦労の向こう側に明るい未来が待っているから
頑張ろうね、そして、もっとリラックスしてもいいんだよ、と、
ちょっと上から目線で、応援してあげましょう。

未来のゴールは当然達成されます。
いま思っているものとは違うかもしれませんが、
自分にとって良い状況になるのは決まっています。

そのゴールが達成された未来の視点から、
いまを振り返ってみましょう。

その時に、苦労している自分に対して
どんな言葉を投げかけるでしょうか。

そういう考え方で見て、言葉を選ぶのもいいですね。

頑張ろうとしない

まだまだ、ダメダメですし、すぐ怖じ気付きますが
自分への声かけが、人に対してしているのと
同じようにできてきているかな…と感じています。

大事な変化をいただきました。自分を諦めないでいきたいです。

はい!あきらめる必要はありません。
必ず望む未来は達成されます。

頑張らなくてもいいと思います。
以外なほどにラクに達成できる道があるかもしれません。

頑張ろうとすると頭が止まる感覚があるかと思います。
固まるというか、意地になるというか、
視野が狭まるというか。

リラックスして、広場ででっかい空を見るような、
広い視野で世の中と自分を見てみましょう。

諦めない、というか、
やりたいことをやってもいいんだよなー、
という感覚を味わってみてください。

周囲の人の意見は関係ありません。
その人は神ではないので、
他人の未来がどうなるかなんて分かりません。

それを失敗するとか、してはいけない、とか、
勝手な想像で話しているにすぎません。

ネガティブな人はどう見ればいいのか

ネガティブな言葉を使う人が居たら、
その人の心の中がそう思うほどに、
疲れているのだな、と思ってあげると良いですね。

疲れていると、周囲に対して、
きつく当たったり、人に失敗を念じたり、
そういう瞬間もあると思います。

それがその人に起きているんだな、
大変だな、かわいそうに、と思って
同情しつつ、スルーしましょう。

相手の言葉の重要度を下げましょう。
テレビの音声ボリュームを下げるように、
相手の言葉の大きさを心のなかで
アリの声くらいに下げておきましょう。

そして、心の中の「これやりたいんだけど」という
自分の声をもっと大きくしましょう。

もっともっと!笑。
大きくしておいてください。

回数重ねて習慣化する

また、偶然にも、今日の福原通信にも通ずる所があったので
自分への声かけ、続けていきたいと思います。

ありがとうございました。

はい!
自分と、他人をほめるのをクセづけておいてください。

最初は1日に100回自分をほめる、と決めて、
うりゃー!とやるくらいでいいです。

そのくらいやらないと、習慣化するほどに、
自分の身に染み込んでいかないですからね。

とりあえず、同じ言葉でもいいので、
100回ほめておきましょう!

テクニックは使っていきましょう

困ったときに使えるテクニックは、実はたくさんあります。

リラックス、脱力、思っていることを紙に書き出す、などなど。

今回もいろいろ話しましたが、使えるものは使いましょう。聞くだけ見るだけでは効果を実感できません。

特に最後の『100回繰り返す』はどのテクニックを習慣化するにも使えるテクニックだと思います。

スポーツしていた人は体験していると思います。ずっと素振りするとかずっと同じ動きを繰り返すとか。そうやって身に染み込ませていくのです。

玄関に行ったら靴をはく、洗面に立ったら歯を磨く、お風呂に入ったら服を脱ぐ…同じことを毎日繰り返しているだけで、自然とできるようになります。

繰り返す回数を増やすだけで簡単に実行できるようになることはたくさんあります。

まずは自分をたくさんほめる、という作業をしておいてください!

自己肯定感、自分で自分のことを大切に思う気持ちは、遠隔気功でも持ち上げていきます。体感してみてください。

福原気功教室はこちらからご参加いただけます。
https://fukukikou.com/monthly/

福原宏志^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました