楽しい気持ちを作る重要なヒント!

できる

福原です、

毎日楽しい気持ちになるテクニック

福原気功教室 では、9月のテーマ『楽しい気持ち』と題して、日々の生活が楽しくなると同時に、楽しい気持ちを利用してあなたのゴール達成を現実化するべく、遠隔気功や情報でお手伝いしていきます。

前回は、

『楽しい』とは何か?を知らないと楽しくなれない?

という話をしました。

  • 気持ちは脳内のイメージから作られる
  • イメージは五感によって作り出される
  • 五感は目の前のことでも過去の記憶でも良い

ということを話しましたね。

楽しい気持ちを作る方法

では、今回は、

  • 楽しいイメージを作る方法

をお話していきます。

楽しいことを考えてくださいね、と言われても、難しい、と感じる人もいるでしょう。

過去の私も、楽しいことを考えようとするのに、なぜか頭の中では、人に怒られていたり、失敗して落ち込んでいる自分を想像していたことがあります。

なので、割りと簡単に、楽しい気持ちを作り出せる方法をお話していきます。試して日々の生活を楽しくしてみてください。

遠隔気功では、楽しい気持ちを感じられるように、気持ちの底上げにも働きかけていきます。受けているだけでなぜか楽しい、うれしい、落ち着いた気持ちになれますので、体感しておいてください。

なぜか悪いイメージを作る脳

まず最初は、

  • 悪いイメージは脳の機能のせい

です。

楽しいことをやっているイメージ、と言われても「でもそんなことできないし」「そんなに都合よく良いことは起きない」と自分でイメージをかき消すことがあります。

「宝くじに当たったところを想像してください」と言われても「いままで当たったことないし」「当たる確率がいくつか知ってるんですか!?」と否定する人もいるでしょう。

それは辞めることです。自分に起きる未来をわざわざ自分で閉じないことです。

私たちは未来に何が起きるかを知りません。知らないということは、悪いことが起きる、という確約もないです。良くなるかもしれないし、悪くなるかもしれない。何も変わらないかもしれません。

なのに、なぜか悪い方だけ想像するクセがついています。それは、危険を予測してそれを避けるため、という理由もありますが、楽しいことを考えるためには邪魔な脳の機能です。

この仕組みを理解した上で「あ、これは脳が私の危険を避けるために作り出している悪いイメージなんだ」と思っておきましょう。悪いイメージができた場合には、脳がそうしている、と思って終わりにすることです。

できない自分はなぜ作り出されるのか

次に、

  • できる前提で考える

です。

私たちの脳はすぐに、できない理由を考えます。本当は変わりたいけど、変わるのは面倒くさいと思うのが脳です。変わりたくないので、言い訳をはじめます。

なのですぐに「できない」「分からない」「やったことない」「無理だ」という考えがでてきます。それが正しいかどうかは関係ありません。脳がそう思いがちだ、という事実がわかっていればそれでいいです。

私たちがやりたいのは、楽しい気持ちを作り出すことです。それを邪魔するものは必要ありません。

そのために必要な考え方は、すべてできる、という前提にたつことです。やり方は知らなくていいです。これから調べたら分かる、と思いましょう。

宝くじに当たった、も、当たったところからスタートしてよいです。どこで買う、とか、当たる確率は何%だから無理、とかそういうのは考えなくてよいです。

起業して大金持ち、も「どうやって?」を考え始めるとキリがないです。会社の設立、も、優秀な社員に囲まれている、も、美人秘書がそばにいる、も、爆発的な売上げを叩き出している看板商品、も、全部「できた」ところからイメージを作りましょう。

都合の良すぎる映画のように考えることです。絶体絶命のピンチに、突然謎の人物に助け出されるシナリオのようなものです。「そんな都合よくいくわけあるか」と思いつつ、都合の良い結果を頭の中に作り出しましょう。

どうせ未来に何が起きるかは分かりません。うまくいかない、と思いながらなぜかできてしまった経験はたくさんあるでしょう。

「いやー私なんかにできないですよ、やったことないし、いやー無理ですって、やりたくないんですよー…あれ?できた」みたいなやつです。

未来は見えないわけですから、どうせなら都合の良いことが起きる方を考えておきましょう。そもそもいまからすぐにやるわけでもありません。楽しい気持ちを作り出すために、頭の中に楽しい状況をイメージするだけです。

わざわざできない自分を想像しなくていいです。理由なしに、できている自分を想像しておいてください。

楽しくなる練習

話が長くなってきたので、一回切ります。

  • 脳が良かれと思って悪いイメージを作ってくる
  • できないのは当たり前。できるところから始める

を意識しつつ、都合の良い、できている自分のイメージを作ってみてください。

今回は練習として、あなたが「これができたらいいな」と思う能力、スキル、状況が達成できたところを想像して、楽しいな、うれしいな、と思っておきましょう

例えば、

  • 1ヶ月に1冊本を出版できて、本屋に自分の本が平積みされていて、目の前のお客様が、手にとって買っていかれたところが見れて、楽しいな

というイメージを作る感じです。

脳内のイメージは映画のように動きがあるといいですね。

もちろんここで「出版どころか文章も書けない」「どこの出版社が私の本なんて作ってくれるんですか」とか考えなくてもいいですよ、ということです。

書けた!できた!売れた!からスタートでかまいません。

それでも何をイメージしていいかわからない人は、とりあえず、

  • 理想の体型になれて、体が元気で毎日が楽しい

を想像してみてください。

理想の体型、と言っても人それぞれです。中には体重を増やしたい人もいるでしょう。

あなたが何を望んでいるのかを確認しつつ、それができたところを想像しつつ、楽しんでみてください。

その時に何が起きるのかも、勝手に都合よく考えてみると良いですね。人から「どうやってそんなにやせたの?」と質問されて誇らしい、とかですね。

福原気功教室 に参加の方は、そのイメージをいくつでもいいので持ちつつ、遠隔気功を受けてみてください。そのイメージの世界が現実化できるように働きかけていきます。ニコニコしながら眠っていてください。

福原気功教室はこちらからご参加いただけます。
https://fukukikou.com/monthly/

福原宏志^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました